営業販促策

【チラシのつくり方】
チラシ原稿は「自社」でつくる

チラシの内容は誰が考えるべきか

良いチラシ業者さんとお付き合いされていますか?

「餅は餅屋」と言いますが、広告代理店や印刷会社などのチラシ制作業者は、デザイン・印刷をするプロであり、新聞折込やDMを実施するには彼らの協力無くして行うことはできません。

しかし、彼らはチラシの“内容を考える”プロではありません。
にも関わらず、チラシの内容やキャッチフレーズまでチラシ業者に考えてもらっている会社がたくさんあることに、驚きます。

でも、最も大切なチラシの内容は、自社で考えるべきです!

原稿を準備したうえで、チラシ業者に依頼する

繰り返しますが、チラシ業者は広告の枠を取ったり、印刷物をつくるプロですが、残念ながら、売る仕組みをつくるプロではありません。

チラシ業者の営業マンは多くの場合、イメージチラシを勧めます。
中には、あなたからいかに高いお金を引き出すかを考えている人もいます。
したがって、そのような方は、コストを下げるような提案はほぼしないでしょう。

チラシ業者は、御社のことをどれだけ分かっていますか?

是非、チラシの原稿は、すべて自社でつくられることをおすすめします。
その上でデザイン・印刷をお願いするのが、チラシ業者なのです。

 

まとめ

原稿はチラシ業者に任せず、自社でつくる
特に、文章やキャッチコピーは必ず自社で考える
チラシ業者に任せていると、売るチラシではなくなる

 

スイミングクラブ・スポーツクラブのチラシ・DMについて、詳しくは、お問合せください。

    • この記事を書いた人
    森本 琢磨

    森本 琢磨(モリモト タクマ)

    (有)楽まうく 代表取締役。
    法人向けサービス業での3万件の飛び込みや様々な業種の中小企業の経営サポート経験をもとに、中小企業の業績アップコンサルティングを運営。
    地元広島を中心に、中小企業・小規模事業主の経営・人事・営業販促に関わるお困りごと解決のサポートを請け負っている。

    -営業販促策

    PAGE TOP
    どんな小さなことでもお気軽にご相談ください。
    お問合わせはコチラ
    どんな小さなことでもお気軽にご相談ください。
    お問合わせはコチラ